トラブルを未然に食い止める的確なメンテナンス業務

経験を積んだスタッフが、先を見越した設備点検、維持業務を行い、突発的なトラブルを防ぎます。
工事が必要になった場合は的確に状況を見極め、もっとも効率的な方法を提案していきます。

 

維持業務


日常清掃業務
共用部の、廊下・階段・玄関の掃き掃除、手すり・ガラス部の拭き清掃、敷地内のゴミ拾いなど、日常的なレベルの清掃業務を行います。

給排水設備点検業務
受水槽・高置水槽や給排水ポンプの故障やトラブルを未然に防ぐため、専門技術者が定期点検を行い、状態をわかりやすくご報告します。

定期清掃業務
もっとも汚れやすい、共用部の床を定期的に洗浄します。機械洗浄・水洗浄・樹脂ワックス塗布などを行います。ガラス部の拭き清掃も実施します。

雑配水管清掃業務
台所・浴室の排水管や排水本管・排水枡の詰まりや、悪臭・漏水を防止するために、定期的な高圧洗浄を行います。入居者様が外部サービスに頼る必要はありません。
遠隔間紙業務
共用部給排水設備・消防設備等の遠隔監視を機械警備にて行います。警備員を使うよりコストがかからず、見えない部分も監視できますから設備管理に向きます。
共用灯管球交換業務
共用灯管球の交換、及び清掃を定期的に行います。電球が切れたときにはその都度交換し、それによって新たな費用が発生することはありません。
お客様の立場に立ってランニングコストを低減します。

お客様のメリットを第一に考えるアスカ技研では、適切な維持管理による“真の”ランニングコスト低減に着目しています。先を見越した定期的な点検を行う事により、突発的なトラブル・大掛かりな修理の発生を防ぎ、効率的な工事をご提案することができます。管理・点検・清掃の窓口を一本化し、より細かく管理物件に接する事で、最適なサービスをご提案いたします。

お問い合わせはこちらから